安全に使いたい医療従事者必見!医療機器を安全に使うポイントと人気機器などをご紹介します!

このサイトでは、医療従事者が医療機器を安全に使うポイントと人気機器などを紹介しています。
特に安全な機器は非常に高額であると言うイメージがあり、医療機関の経営者はその費用に頭を悩ませてしまうことが多いものです。
このサイトでは安全なものを安価に導入する方法を詳細に紹介しているのが特徴です。
同時にこれらを廃棄処分する際に注意すべきポイントも紹介しており、安全性と効率を両立するための必要な知識を得ることができるものとなっています。

安全に使いたい医療従事者必見!医療機器を安全に使うポイントと人気機器などをご紹介します!

医療従事者は医療機器を安全に利用したいと考えているのが一般的で、これは患者に対する影響も非常に大きなものです。
様々な高度な医療技術を駆使していても、医療機器の安全性が低いのではそのリスクが高まる事は言うまでもありません。
そのため高額であっても、安全性の高い医療機器を導入しようとする事は多くの医療従事者にとって当然のこととなっています。
しかしその費用は病院の利益から捻出するため、これが高額であれば経営を圧迫してしまうことになります。
その両立を図るために様々な知識を得ることが、重要なポイントとなります。

医療機器は医療機器法で疾病の診断や治療若しくは予防に使用されることと定義されています

医療の分野では技術によってその症状を緩和したり、治療したりすることが非常に重要となっています。
そんな中で特に注目を集めているのが医療機器です。
医療機器とは、法律により疾病の診断や治療、予防に使用できる機器のことと定義されています。
治療だけでなく予防にも使用できることが大きな特徴です。
つまり、その時点で疾病を患っていなくても使うメリットがあるということです。
ただし、医療機器の種類は多く、使った時の影響も大きいので闇雲に利用することは推奨しません。
あくまで自分にとって脅威となりうる病気などに対して対処する必要があります。
また、使用の際には取り扱い説明書をよく読み、正しい使い方をするようにしましょう。
もしも、正しい方法が分からない場合には医師に相談することも大切です。
誤った使い方をしてしまうと想定外の影響が出てしまうこともあります。
そのことさえ気を付けていれば、非常に役立つ道具といえるでしょう。

医療機器を安全に使うためには国際基準や厚労省の基準を満たしたものを使おう

医療機器もどんどん性能が高くなっているので、新しく買い替えようとしている方やこれから導入を検討している方がいるはずです。
医療サービスを提供する上で大きな力になってくれます。
ただ、医療機器は高額なので、少しでも安く手に入れたいと考えている方が少なくないのが現状です。
様々な機能がありますし、細かい部品で作られているので、価格が高くなってしまうのは仕方ないです。
安全に使用するために重視するべきポイントがあります。
それは国際基準や厚労省の基準を満たしているものを選ぶことです。
価格の安さだけで決めてしまい、国際基準などを満たしていないとトラブルが生じてしまう可能性があるので気をつけてください。
また、本当に効果があるのかを知るために実際に使用した人の意見も参考にするべきです。
使用してみないと分からないことがあるため、参考になる情報が得られます。
安く抑えたい考えは理解できますが、1番は安全に使用することを考えないとダメです。

医療機器の安全担保にはメーカー保証やアフターケアも確認を

医療機器は非常に便利な機器ですが、体に大きな影響が及ぶので安全性を確認しておくことが欠かせません。
効き目と安全性は表裏一体の関係があるといえるでしょう。
メーカー保証は安心感を持って使用できる1つの担保となります。
メーカー保証があると、その機器した際に何らかの被害があった場合、その時にかかる治療費や慰謝料などを請求することが出来ます。
ただし、これはあくまで正しい用途で使用した際のことであり、誤った使い方をしていた時には対象となりません。
また、たとえそういった保障がなかったとしても、医療機器側に明白な問題があった時には損害賠償を請求することが出来ます。
アフターケアが充実しているかも特に大切なポイントです。
すぐに機械が壊れてしまったりすると大きな費用を損してしまう可能性があります。
健康面だけでなく、コスト面までを考慮したうえで導入を進めることが大切です。
アフターケアについてはメーカーのホームページでも確認しておきましょう。

医療機器導入には衛生管理や殺菌処理が簡単なものもお勧め

医療機器は体の粘膜や体内など非常にデリケートな場所に使用します。
それゆえに衛生面には気を付けておく必要があります。
衛生管理が不十分だった場合には、二次的な健康被害が発生してしまう恐れがあります。
例えば煮沸消毒をするなどして殺菌処理をしておくことが大切です。
しかし、医療機器ごとに必要な衛生管理や殺菌処理は異なります。
なるべく簡単に処理が出来る物の方が扱いやすいといえるでしょう。
医療機器を導入する際には効果やコストだけでなく、そういった部分にも着目しておくことが大切です。
取り外し可能な機器であれば、中身まで丁寧に洗うことが出来ます。
常に清潔な状態を保つことが出来れば、健康被害等が発生する可能性も下がります。
事業所では介護を必要とする方にそれらの機械を使います。
万が一にもトラブルが発生しないように機器の選び方には注意しておきましょう。
管理が簡単な物であれば、社員や従業員の負担も減らすことが出来ます。

著者:倉持一

筆者プロフィール

沖縄県那覇市生まれ。
内科医として地元で長年診療所を運営。
医療機器に関するコラムを執筆しています。
AWG 医療